株式会社ニイム


わたしたちの思いPhilosophy

地域に根ざした薬局
を目指して

  1. 地域に根ざした、サラリーマン的ではない、薬剤師がいる薬局を目指しています。
  2. 当社の薬局は、近隣の医療機関の業務の協力者になりたい。
  3. 職業に対する美意識を持って、薬剤師は薬剤師として業務を行い、医療事務は医療事務として職務を全うする。
  4. 会社は利益の追求だけではなく、仕事を通じて社員の社会人としての成長を助け、人材を残す場でありたい。

東日本大震災でも薬がなくならなかった

大震災の影響で、静岡でも弁当や生活物資が不足しました。

震災の次の日の土曜日に当社の人間が、お昼を買いにコンビニに寄りました。
弁当が無いことで、薬にも影響が出るとピンと感じて、
土曜日のうちに全ての薬の問屋さんに薬を2週間から1カ月分を納品するように手配をしました。

月曜日には、流通、工場の被害も多く、全国的に薬の納品が滞ってしまいましたが、
早い判断で在庫を確保できて、
患者さん、医師に迷惑をかける事無く営業出来ました。

インフルエンザが大流行した時も
タミフルの在庫があった

インフルエンザウィルスの増殖を抑える薬タミフルは、
販売当初には使用が少なくて、ストックする薬局はあまりありませんでした。
トマス薬局では、近隣のクリニックがいち早くタミフルの使用を始めていたため、
薬のストックを大量に確保していました。

急激なタミフルの使用増とインフルエンザの大流行が重なり、タミフルは品薄になりました。
当社は、タミフルの使用が増えることを想定して
大量にタミフルの在庫をストックするように会社全体に指示を出していたので、薬の確保が出来ました。

タミフルは、問屋の在庫もなくなり販売規制になりました。

地域の中核である公立の総合病院でさえも、在庫が尽きて困り果てて、
当社に薬を借りに来ました。
当社の関係する医療機関の患者さんには全て対応出来て、医師からの信頼も深くなりました。